事業内容 屋根工事編

♠♠♠屋根工事編♠♠♠

《屋根葺き替え》《屋根カバー》


1お問合せ

お電話・メールにて承っております。
屋根・外壁塗装工事以外も、リフォーム等気になる事がございましたらお気軽にご相談ください。

2現地調査・診断

経験豊富な屋根専門スタッフによる現地調査を行い、適切な屋根工事のご提案をいたします。
お困りの内容に対して必要な工事は何かを調査いたします。

◆スレート屋根の大まかな寿命は次の通りです。

製造年が2000年前後までのアスベスト含有品(アーバニー、ニューコロニアル等)を第一世代とするなら40年前後でしょう。

2000年前半から2008年の商品はアスベスト→ノンアスベストの切り替え時期で割れやヒビが発生しやすい屋根材(パミール、レサス、コロニアルNEO等)となっているのが第二世代として20年~25年前後でしょう。

2009年からは改良を重ねられ代表品ではコロニアルクアットが葉tる倍されました、それから数年の間にクアットの塗膜改良品グラッサが発売されました、これらを第三世代と呼ぶなら・・・おそらく30年は持つでしょう?(発売からまだ10年くらいなので分かりません)。

3お見積りご予算や景観によるお見積りを作成いたします

◆計測ソフトを使用して図面から①屋根面積②棟の長さ③隅棟の長さ④唐草⑤ケラバ⑥平行金具等細かく寸法を測ります。

◆基本的な材料や施工方法は下記をご覧ください。

①ルーフィングの選択→標準品は田島タディスセルフカバー(粘着ルーフィング)で20年耐久(※スレートのアスベスト含有品を除く)。

②屋根材の選択→標準品はIGスーパーガルテクト、塗膜のひび・割れ・剥

がれ保証が15年。

③棟施工はつつみ棟、隅棟は差し棟工法を取っています(隅棟とは屋根と屋根の面が合わさる三角状の接合部分の所で雨水の浸入を防いだり屋根材の固定を担う役割をするところです)

④唐草(屋根の先端部)はセットバックスターターを用いるので軒樋に雨水が入るかの心配はいりません。


◆ご不明な点はご理解、ご納得できるまで細部に渡りご説明いたします。

4ご契約・ご近隣様挨拶と配慮

ご契約後は、屋根・外壁塗装工事の前後にご近隣の方へご挨拶と工事の説明を行います。
工事期間中は担当者やアシスタント、工程管理会社の担当者が足を運び現場確認を行うことで、安心していただけるよう努めています、お施主様とはラインなどにて進捗状況を共有しています。

5足場の仮設

外壁塗装用の足場は、クサビ型でしっかりと足場を組むことで、安全を確保すると同時に確実な施工を可能にします。
屋根・外壁塗装工事の品質を高めるためにも、安全かつ強固な足場は重要です。

6養生ネット

主に近隣への配慮、落下防止の為に足場周りに足場用養生メッシュシートを張ります、作業内容によっては防炎シートなどの対策も致します。ネットは、住む方のことを考慮して、あまり室内が暗くならない様なメッシュシートを選びます。黒のメッシュは、意外ですが、室内から外が良く見えます。
また、近隣の車両等につきましては、必要に応じて車両用養生カバーシートを掛けるなどの対策も行います。

7棟板金の解体

屋根のカバー工事、葺き替え工事にかかわらず棟も板金を取り外します。

ここからは工事内容により作業内も変わります。

8≪葺き替え工事≫屋根材撤去・コンパネ貼り付け

葺き替えとは既存の屋根から新しい屋根へと変えることです。

【メリット】は何といっても重量です、では現在の家の屋根が120㎡あるとしましょう瓦なら約6,000㎏でアフリカ象が1頭乗っているのと同じです、

スレートの場合は2,520㎏となるのでカバが1頭乗っている感じですね!

これをスーパーガルテクトにすると600㎏となり馬1頭となるのです、耐震補強も含めて十分な対策だと思います。

【デメリット】は費用でしょうか?・・・カバー工法と違って葺き替えとなると下地の状態によっては下地(野地板)の張増しが必要となり既存の屋根材を廃棄する費用も必要となります。

◆≪葺き替え工事≫≪カバー工事≫の適正は工事会社にお尋ねするのが正解だと思います。

         産廃物回収コンテナ

 

9唐草・ルーフィングの取り付け

♦屋根のカバーや葺き替え工事において屋根の先端部分にあたる唐草と真の意味で屋根の防水であるルーフィングは聞き流してはいけないとても大切な部材です。

♦ルーフィング

商品名 耐久性 製造メーカー 分類
Pカラー 田島ルーフィング アスファルト940
PカラーEX+ ★★ 田島ルーフィング 改質アスファルト
タディスセルフ

★★

田島ルーフィング 粘着ルーフィング複雑な屋根等
タディスセルフ・カバー ★★ 田島ルーフィング 粘着ルーフィング痛みの多い屋根等
ニューライナールーフィング ★★★ 田島ルーフィング 改質アスファルト
遮熱ノアガード ★★ ケイミュー 高分子系ルーフィング
マスタールーフィング ★★★★ 田島ルーフィング 改質アスファルト
ガムスターT330 ★★★★ ガムスター 改質アスファルト粘着・遮音
ガムスターT ★★★★ ガムスター 改質アスファルト粘着

 

 

10屋根材

当社採用の主な屋根材は下記のとおりです。

IGルーフ

スーパーガルテクト

遮熱と断熱が期待できる屋根材です、また吹き上がりを引き立てる「ちぢみ塗装」も人気の秘密です。

日本スチール

セリオスプライム

金属系の屋根材を使用したいが価格も重要視、艶消しなどにこだわる方に人気です。

田島ルーフィング

ロアーニⅡ

天然砕石仕上げシングル屋根材。

輸入元

伊藤忠建材

オークリッジスーパー

ファイバーグラスシングル屋根材。

11棟・隅棟の取り付け

隅棟とは「3.お見積り」でもご説明しましたが写真の屋根と屋根がぶつかる三角の部分です、上の写真は【差し棟】といい1枚1枚差していく棟です(時間と手間がかかります)、一方で下の写真は【つつみ棟】といい貫板を用いて止水をして、その貫板を板金で包むのでつつみ棟といいます。

当社では雨風に強い【差し棟】を採用しています。

 

12工程工事の写真・ご報告

当社ではご報告をラインにて行っております。

理由1:天候不順で休工などのご連絡、朝は何かと忙しくお電話に出られないことも。

理由2:聞きたいことがあっても相手が電話に出られない時など書き込んでおけば伝わりますよね!

理由3:日々の作業写真のお届け。

13工事完了確認

屋根工事責任者がしっかりとご説明、清掃や片づけをして作業、工事の完了となります。

14足場解体・お引き渡し

作業とチェックも無事終了してお引渡しです(私たちはまだ気が抜けません)。

全ての作業工程が終え、家の全貌が姿を現しますと美しく生まれ変わった家にワクワクされる事でしょう。
私たちの屋根工事における考え方は最短工事を目指すのではなく、最適・最高の仕上がりを目指す工事を行っています。
無駄に工期を伸ばしているのではなく最高の作品を作るべく工期を頂いております、余裕をもって工期をお考えいただければ幸いです。
 

15お引渡し

いよいよお引き渡しです!見違えるほどの仕上がりを一度ご覧ください!


Before

After


Before


After

16アフターサービス

◆屋根外壁塗装工事後は1年後の1日、3年後の2日、保証期間最終年度の3日にアフター点検を行っております。
◆保証書を発行いたします。

お問い合わせはこちら