事業内容 外壁塗装編


 

♠♠♠外壁塗装編♠♠♠

 


1お問合せ

お電話・メールにて承っております。
屋根・外壁塗装工事以外も、リフォーム等気になる事がございましたらお気軽にご相談ください。

2現地調査・診断

経験豊富な外壁専門スタッフによる現地調査を行い、適切な外壁塗装のご提案をいたします。
お困りの内容に対して必要な工事は何かを調査いたします。

3お見積り比較できる塗料別に3種類以上

◆屋根・外壁塗装工事の内容は、項目は細かく、塗布面積やシーリング工事は計測ソフトを使用してお出しいたしますので正確な面積がわかります。
◆ご不明な点はご理解、ご納得できるまで細部に渡りご説明いたします。
◆お見積書は比較しやすいようにコスパを重要視した2パターンと機能重視の2パターン、最後に景観を重要とした1パターンをご提案しています。

4ご契約・ご近隣様挨拶と配慮

ご契約後は、屋根・外壁塗装工事の前後にご近隣の方へご挨拶と工事の説明を行います。
工事期間中は担当者やアシスタント、工程管理会社の担当者が足を運び現場確認を行うことで、安心していただけるよう努めています、お施主様とはラインなどにて進捗状況を共有しています。

5足場の仮設

外壁塗装用の足場は、クサビ型でしっかりと足場を組むことで、安全を確保すると同時に確実な施工を可能にします。
屋根・外壁塗装工事の品質を高めるためにも、安全かつ強固な足場は重要です。

6養生ネット

主に近隣への配慮、落下防止の為に足場周りに足場用養生メッシュシートを張ります、作業内容によっては二重張りなどの対策も致します。ネットは、住む方のことを考慮して、あまり室内が暗くならない様なメッシュシートを選びます。黒のメッシュは、意外ですが、室内から外が良く見えます。
また、近隣の車両等につきましては、必要に応じて車両用養生カバーシートを掛けるなどの対策も行います。

7バイオ洗浄+高圧トルネード洗浄

バイオ洗浄とは、バイオ洗浄剤という酸を使った洗浄のこと。外壁の汚れには、排気ガス、砂や泥、雨だれなど様々な種類がありますが、特にカビ・コケなどの生物系の汚れに効果を発揮する洗浄方法です。
一方トルネード洗浄は通常の高圧洗浄よりも勢いのある水を噴射することで、通常の方法では落とせない汚れを落とすことが出来ます。

8ビニール養生

サッシや窓などの建物に付帯する設備を、塗料が付かないようにビニールで覆うことを養生作業と言います。植栽やカーポート・門扉、玄関ポーチやアプローチ等の床面もビニール養生を致します。
*床面の養生ビニールは段差に気を配りトラテープ等を使用します。
*玄関ドアなどは、開け閉め可能な養生方法をします。
*ガス・室外機などの養生は、小まめに連絡をしながらの養生の着脱をします。

9屋根補修とタスペーサー

屋根の補修は重要です!
割れている箇所は全て接着補修を施します、棟板金は浮いている釘は全てビスへと交換、釘やビスの頭はコーキングにて雨漏り防止を施します、勿論タスペーサーの挿入(当社では縁切り不要の#01使用)も怠りません。

10外壁ヒビ補修

ヒビの補修は状態の大きさによって対応を変える必要があります

ひび割れの状態対応の必要性幅0.3mm・深さ0.5mm以内のひび割れ(ヘアクラック) 早急な修理が必要というほどではありません。DIYでの補修も可能です。
幅の狭いひび割れ(乾燥クラック) 早急な対応は不要だが、ひび割れが大きくなっていないか定期的に様子を見ましょう
1mm(名刺2~3枚が入る程度の厚み) 外壁材や防水シート、木材に不具合がでている可能性があります。早めに、点検・修理を検討したほうがよいです。
幅3mm以上のひび・深さがあるひび・段差のあるひび 外壁材、防水シート、木材(構造用合板)が破れて水が漏れている可能性あります。修理業者への点検をおすすめ。

11コーキング打ち替え

当社では塗料によって①先打ちと②後打ち工法に分けています。

①先打ちは弾性塗料を塗布する場合、モルタル壁の場合等です、

この場合の使用コーキング材はアステック4000又はシャーピーNB-LMとなり塗料の塗膜保護も受ける形となります。

②後打ちは弾性塗料以外で文字通り塗装後のシール打ち替えとなります、

使用コーキング材はオート化学のイクシードとなり塗膜保護を受けずとも20~30年の高耐久のものになります、また当社ではキレイに塗装した外壁にも養生テープのノリ跡が極力残らないテープを使用しております。

 

12工程工事の写真・ご報告

当社ではご報告をラインにて行っております。

理由1:天候不順で休工などのご連絡、朝は何かと忙しくお電話に出られないことも。

理由2:聞きたいことがあっても相手が電話に出られない時など書き込んでおけば伝わりますよね!

理由3:日々の作業写真のお届け。

13塗装工程(下塗り→中塗り→上塗り)+仕上げ塗り

下塗り、中塗り、上塗りの順に塗装していきます。

下塗り

仕上がりを左右する下塗りの役割とは。

①躯体と塗料を密着させる。

②傷んだ躯体の吸い込みを抑える、吸い込みを抑えないと色ムラや艶ムラが出てしまうからです。

③問題機能の向上、簡単に述べますと苔やカビを抑えたい、遮熱機能を充実させたいなどの機能をしっかりサポート。

中塗り

下塗と上塗の中間に塗り付ける層のことで、凹凸を均して平滑な下地を作ることや仕上げ材料の効果を高めるための補強を目的とする工程です。

上塗り

中塗りと同じものを規定内の希釈率で塗り、仕上げとして塗りムラや厚みをつけ耐久性を確保しつつ美観を高める最終的な工程です。

仕上げ塗り、断熱材塗り

塗料はメーカー推奨でもあるように3回塗りが基本ですが、より長く持たせたい方には塗料の期待年数+10年長持ちのコーティング材、光熱費などで省エネをお考えの方には断熱層の塗布をおすすめしております。

いづれもオプションです。

 

14工事完了確認

塗装終了時に作業者以外の職人が入念にチェックいたします、安心ですね。

気になるところは遠慮なさらず伝えてください。

15足場解体・お引き渡し

作業とチェックも無事終了してお引渡しです(私たちはまだ気が抜けません)。

全ての作業工程が終え、家の全貌が姿を現しますと美しく生まれ変わった家にワクワクされる事でしょう。
私たちの塗装工事における考え方は最短工事を目指すのではなく、最適・最高の仕上がりを目指す工事を行っています。
無駄に工期を伸ばしているのではなく最高の作品を作るべく工期を頂いております、余裕をもって工期をお考えいただければ幸いです。
 

16お引渡し

いよいよお引き渡しです!見違えるほどの仕上がりを一度ご覧ください!

Before

After

Before

After

17アフターサービス

◆屋根外壁塗装工事後は1年後の1日、3年後の2日、保証期間最終年度の3日にアフター点検を行っております。

◆保証書を発行いたします。

お問い合わせはこちら